RSS
 

映像比較



  従来のアナログカメラでは水平解像度及び画素数は、720x480(約35万画素)に対し、
  HD-SDIカメラでは、HDで1280x720(約92万画素)、Full HDでは1920x1080(約207万画素)に増え
  約6倍の画素数で撮影ができます。画素数が増えることにより、より鮮明な映像になり、
  今まで識別できなかった詳細部分まで識別することも可能になります。
  また、画面のアスベクト比(縦横の比率)は従来方式の4対3から16対9へとワイド画面になり、
  広範囲で撮影できるようになりました。



  従来のアナログカメラ(CCTVカメラ)の約5〜6倍、画素数が増えているHD-SDIカメラ。
  画素数が増えたことで、それだけ映像がキメ細かくなり、より鮮明に撮影ができるようになり
  今まで識別できなかった細かな物まで識別することも可能になっております。
  HD-SDIカメラは圧倒的な高解像度を実現し、映像の一部を拡大しても細部までくっきり見え
  アナログカメラでは分からなかった部分もはっきり見ることができます。


■録画動画サンプル (※実機での録画データ)




撮影製品:CT-C2100

撮影製品:CT-C1550

撮影製品:CT-C130

撮影製品:CT-C216


 ※撮影サンプル画像はパソコンでの取込の際に圧縮処理と画像加工されております。
  またご利用環境等により本来の画面表示と異なりますのでご了承下さい。

ページトップへ