RSS
 

スマートフォンでレコーダーに接続する方法

映像データは容量が多い為、モバイルデータの使用量が多くなります。スマートフォンでレコーダーに接続する場合は、WiFi環境で使用する事をお勧めします。
【手順 1】

スマートフォンでアプリ「SoCatch」をインストールします。
【手順 2】

「SoCatch」を開いて「New」ボタンをタップします。
【手順 3】

「QRコードをスキャンします」をタップします。

※スマートフォンのカメラ機能が起動します。
【手順 4】

レコーダーのシステム情報を開いてQRコードをスキャンします。

※うまくQRコードが読み込めない場合、カメラ横向きでの撮影をお試しください。
【手順 5】

スキャンが完了するとホスト、ポート、ユーザー、パスワード が自動入力されます。

最初の項目「ユーザー」は、アプリに表示される名称ですので、任意にレコーダー名をご入力ください。

「パスワード」は、レコーダーへログインする為のパスワードです。
QRコード読み込み時は、初期パスワードが自動入力されます。
パスワードをご変更されている場合は、変更したパスワードをご入力ください。
【手順 6】

レコーダーのネットワーク設定を開いてポート番号を確認します。

※ポート番号の初期値は「50010」番です。
【手順 7】

レコーダーと同じポート番号に変更します。

※QRコード読み込み時は「80」番が自動入力されています。
レコーダーと同じポート番号にご変更ください。
【手順 8】

入力が完了しましたら保存をタップします。
【手順 9】

入力したレコーダー名がDVRリストに表示されたら登録完了です。
レコーダー名をタップするとレコーダーへの接続を行います。
【手順 10】

レコーダーの映像が表示されたら接続完了です。
【手順 11】

下記の設定よりバックグラウンドデータの使用を無効にします。

[設定] → [データ使用] → [モバイルデータの使用量] → [SoCatch] → [バックグラウンドデータ : 無効]

※スマートフォンのOSやバージョンによっては、この設定はありません。
【解決方法 1】

スマートフォンの編集画面で入力した値に間違いがないかご確認下さい。

※ポート番号やパスワードがレコーダーと同じ値か確認をお願いします。

【解決方法 2】

スマートフォンを再起動してください。

※スマートフォンでアプリを多く立ち上げた状態の場合、正常にレコーダーに接続できない場合がございます。

【解決方法 3】

レコーダーのネットワーク設定の「NTP」タブをクリックして、「アップグレードしてください。」ボタンをクリックします。

「同期できませんでした。」と表示された場合、レコーダーが正常にネットワークに接続できていない状態となります。

この場合、DHCPタブに表示されている IPアドレスによって対処方法が異なります。

■ IPアドレスが「0.0.0.0」と表示されている場合
ルーターと正常に接続できていない状態です。
下記の原因が考えられます。
  • LANケーブルが抜けている。
  • LANケーブルが断線している。
  • ルーターがブリッジ設定になっている。
  • ルーターの不具合。
  • レコーダーの不具合。

■ IPアドレスが「192.168.〜」と表示されている場合
下記の様な要因でネットワークに繋がらない状態となります。
現地のネットワーク管理者にご相談ください。
  • 二重ルーターになっている。
  • セキュリティによって遮断されている。

■ IPアドレスが上記以外の表示の場合
特殊なネットワークが構築されている可能性があります。
現地のネットワーク管理者にご相談ください。

ページトップへ